通級でも自立活動と個別の指導計画を作成します

  • 2018.10.27 Saturday
  • 17:41

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 小学校学習指導要領総則

 

 連続講座の議論の中で、通級でも個別の指導計画を作成する義務があるか否か議論になりました。以前は努力するという風に書かれていたが、今回の改定ではどうなのか議論しました。その後、関連部分を確認してみました。

 通級による指導における自立活動や個別の指導計画に関連する部分を少し長いのですが、抜き書きしました。

 結論から言うと、特別支援学級だけでなく、通級による指導においても自立活動を重視し、個別に指導計画を作成しなければならないと規定されました。

 自立活動の個別の指導計画については特別支援学校の先生方が詳しいので、通常の小中学校では、特別支援学校のセンター的機能を活用して、個別の指導計画を作成することになると思います。この作成の仕方は、新しい学習指導要領で、以前より格段に詳しく規定されていますので、その理解を深める必要があります。

 

小学校学習指導要領解説 p.106

 学校教育法第81条第1項では,幼稚園,小学校,中学校,高等学校等において,障害のある児童生徒等に対し,障害による学習上又は生活上の困難を克服するための教育を行うことが規定されている。

 また,我が国においては,「障害者の権利に関する条約」に掲げられている教育の理念の実現に向けて,障害のある児童の就学先決定の仕組みの改正なども踏まえ,通常の学級にも,障害のある児童のみならず,教育上特別の支援を必要とする児童が在籍している可能性があることを前提に,全ての教職員が特別支援教育の目的や意義について十分に理解することが不可欠である。

 そこで,今回の改訂では,特別支援教育に関する教育課程編成の基本的な考え方や個に応じた指導を充実させるための教育課程実施上の留意事項などが一体的に分かるよう,学習指導要領の示し方について充実を図ることとした。

 

p.108

特別支援学級における特別の教育課程(第1章第4の2の (1) のイ)

イ 特別支援学級において実施する特別の教育課程については,次のとおり編成するものとする。

(ア) 障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るため,特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7章に示す自立活動を取り入れること。

(イ) 児童の障害の程度や学級の実態等を考慮の上,各教科の目標や内容を下学年の教科の目標や内容に替えたり,各教科を,知的障害者である児童に対する教育を行う特別支援学校の各教科に替えたりするなどして,実態に応じた教育課程を編成すること。

 

p.109

自立活動の内容は,各教科等のようにその全てを取り扱うものではなく,個々の児童の障害の状態等の的確な把握に基づき,障害による学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な項目を選定して取り扱うものである。よって,児童一人一人に個別の指導計画を作成し,それに基づいて指導を展開する必要がある。

 

p.110

 通級による指導における特別の教育課程(第1章第4の2の (1) のウ)

ウ 障害のある児童に対して,通級による指導を行い,特別の教育課程を編成する場合には,特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7章に示す自立活動の内容を参考とし,具体的な目標や内容を定め,指導を行うものとする。その際,効果的な指導が行われるよう,各教科等と通級による指導との関連を図るなど,教師間の連携に努めるものとする。

 

p.111

今回の改訂では,通級による指導を行い,特別の教育課程を編成する場合について,「特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7章に示す自立活動の内容を参考とし,具体的な目標や内容を定め,指導を行うものとする。」という規定が新たに加わった。したがって,指導に当たっては,特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7章に示す自立活動の6区分27項目の内容を参考とし,本解説第3章第4節の2(1) で述べたとおり,児童一人一人に,障害の状態等の的確な把握に基づいた自立活動における個別の指導計画を作成し,具体的な指導目標や指導内容を定め,それに基づいて指導を展開する必要がある。

 

p.112

通級による指導の内容について,各教科の内容を取り扱う場合であっても,障害による学習上又は生活上の困難の改善又は克服を目的とする指導であるとの位置付けが明確化されたところである。

ぁ仝鎚未龍軌藥抉膩弉茲個別の指導計画の作成と活用(第1章第4の2の(1) のエ)

エ 障害のある児童などについては,家庭,地域及び医療や福祉,保健,労働等の業務を行う関係機関との連携を図り,長期的な視点で児童への教育的支援を行うために,個別の教育支援計画を作成し活用することに努めるとともに,各教科等の指導に当たって,個々の児童の実態を的確に把握し,個別の指導計画を作成し活用することに努めるものとする。特に,特別支援学級に在籍する児童や通級による指導を受ける児童については,個々の児童の実態を的確に把握し,個別の教育支援計画や個別の指導計画を作成し,効果的に活用するものとする。

 

p.113

 個別の教育支援計画及び個別の指導計画は,障害のある児童など一人一人に対するきめ細やかな指導や支援を組織的・継続的かつ計画的に行うために重要な役割を担っている。

 今回の改訂では,特別支援学級に在籍する児童や通級による指導を受ける児童に対する二つの計画の作成と活用について,これまでの実績を踏まえ,全員について作成することとした。

 また,通常の学級においては障害のある児童などが在籍している。このため,通級による指導を受けていない障害のある児童などの指導に当たっては,個別の教育支援計画及び個別の指導計画を作成し,活用に努めることとした。

 

p.114

通常の学級に在籍する障害のある児童などの各教科等の指導に当たっては,適切かつ具体的な個別の指導計画の作成に努める必要がある。

 特別支援学級における各教科等の指導に当たっては,適切かつ具体的な個別の指導計画を作成するものとする。

 

 なお,通級による指導において,特に,他校において通級による指導を受ける場合には,学校間及び担当教師間の連携の在り方を工夫し,個別の指導計画に基づく評価や情報交換等が円滑に行われるよう配慮する必要がある。

  各学校においては,個別の教育支援計画と個別の指導計画を作成する目的や活用の仕方に違いがあることに留意し,二つの計画の位置付けや作成の手続きなどを整理し,共通理解を図ることが必要である。また,個別の教育支援計画及び個別の指導計画については,実施状況を適宜評価し改善を図っていくことも不可欠である。

 

p.115

学校運営上の特別支援教育の位置付けを明確にし,学校組織の中で担任する教師が孤立することのないよう留意する必要がある。このためには,校長のリーダーシップのもと,学校全体の協力体制づくりを進めたり,全ての教師が二つの計画についての正しい理解と認識を深めたりして,教師間の連携に努めていく必要がある。

 

p.185 

付録2 第4 児童の発達の支援

2 特別な配慮を必要とする児童への指導

(1) 障害のある児童などへの指導

ア 障害のある児童などについては,特別支援学校等の助言又は援助を活用しつつ,個々の児童の障害の状態等に応じた指導内容や指導方法の工夫を組織的かつ計画的に行うものとする。

イ 特別支援学級において実施する特別の教育課程については,次のとおり編成するものとする。

(ア) 障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るため,特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7章に示す自立活動を取り入れること。

(イ) 児童の障害の程度や学級の実態等を考慮の上,各教科の目標や内容を下学年の教科の目標や内容に替えたり,各教科を,知的障害者である児童に対する教育を行う特別支援学校の各教科に替えたりするなどして,実態に応じた教育課程を編成すること。

ウ 障害のある児童に対して,通級による指導を行い,特別の教育課程を編成する場合には,特別支援学校小学部・中学部学習指導要領第7章に示す自立活動の内容を参考とし,具体的な目標や内容を定め,指導を行うものとする。その際,効果的な指導が行われるよう,各教科等と通級による指導との関連を図るなど,教師間の連携に努めるものとする。

エ 障害のある児童などについては,家庭,地域及び医療や福祉,保健,労働等の業務を行う関係機関との連携を図り,長期的な視点で児童への教育的支援を行うために,個別の教育支援計画を作成し活用することに努めるとともに,各教科等の指導に当たって,個々の児童の実態を的確に把握し,個別の指導計画を作成し活用することに努めるものとする。特に,特別支援学級に在籍する児童や通級による指導を受ける児童については,個々の児童の実態を的確に把握し,個別の教育支援計画や個別の指導計画を作成し,効果的に活用するものとする。

 

p.255

第5 特別な配慮を必要とする幼児への指導

1 障害のある幼児などへの指導

  障害のある幼児などへの指導に当たっては,集団の中で生活することを通して全体的な発達を促していくことに配慮し,特別支援学校などの助言又は援助を活用しつつ,個々の幼児の障害の状態などに応じた指導内容や指導方法の工夫を組織的かつ計画的に行うものとする。また,家庭,地域及び医療や福祉,保健等の業務を行う関係機関との連携を図り,長期的な視点で幼児への教育的支援を行うために,個別の教育支援計画を作成し活用することに努めるとともに , 個々の幼児の実態を的確に把握し,個別の指導計画を作成し活用することに努めるものとする。

2 海外から帰国した幼児や生活に必要な日本語の習得に困難のある幼児の幼稚園生活への適応  海外から帰国した幼児や生活に必要な日本語の習得に困難のある幼児については,安心して自己を発揮できるよう配慮するなど個々の幼児の実態に応じ,指導内容や指導方法の工夫を組織的かつ計画的に行うものとする。(以上)

 

 

自立活動の内容(概略)と個別の指導計画を立案する手順

  • 2018.10.06 Saturday
  • 09:29

以前にも書きましたが、自立活動の内容(概略)と個別の指導計画を立案する手順を簡単に表にまとめました。これらも、連続講座でご説明します。

https://mon.psychoreha.org/tsk/kiji3.html

前半の部分には自立活動モデルの簡単な説目もあります。連続講座ではこの考え方とICFを合わせて、どうするかご提案します。

自立活動に関する連続講座

  • 2018.10.05 Friday
  • 21:21

JUGEMテーマ:学問・学校

 

郡馬ニーズ教育研究会では「自立活動の考え方と個別の指導計画の立て方」というテーマで連続講座を開催することにしました。(詳しくは下記の案内をご覧ください)
10月から3月の各月1回土曜日の14時から16時という下記の日程です。
自立活動について、下記の自立活動モデルとICFの図式を用いて、自立活動に関する個別の指導計画を立案する手順を検討し、参加者の事例について実際に立案する実習を行います。
第1回は、自立活動モデルからみた「自立活動の捉え方」という講義と、スケジュールの説明です。

 

 


<ご案内>
自立活動の解説編が出版されました。
良く読むと、かなり良い改定と思いますが、読み取るのが難しいことは否めません。
新学習指導要領の自立活動をどう理解し、どう教育実践に適用するか、月1回、全6回の講座で、参加者と協議しながら学ぶ場を設けます。
第1回は10月20日土曜日です。午後2時から4時。
前橋市岩神町三丁目1-1  総合教育プラザ4階 談話室
第1回テーマ 自立活動の捉え方 群馬医療福祉大学 久田信行

 

図 自立活動モデル

 

 主な対象は前橋市の特別支援学校や特別支援学級の先生ですが、他市、他県からのご参加も可能と考えております。少人数で行う予定ですので、ご希望の方が多い場合、申し訳ありませんが、お断りすることがあるかもしれません。
 

募集要項
・募集人員 10名程度
・申し込み宛先 hisata-n@amail.plala.or.jp
・メールの題目「活動連続講座申し込み」
・本文に、ご氏名、返信用メールアドレス、ご所属、ご担当等をお書きください。・参加費 資料代1回200円 (6回で1000円)
・応募締め切り 10月10日(お返事は10月14日)
・日程 2018年10月20日、11月17日、12月15日
2019年1月26日、2月16日、3月9日の6回
------------------------------------------------------
申し込み内容
ご氏名
ご所属
ご担当※

返信用メールアドレス
※ ご担当は、小学部2年、自閉・情緒学級担任など 
 

 

 

自立活動(1) 平成30年 解説編からのまとめ

  • 2018.08.31 Friday
  • 18:07

 学習指導要領の自立活動に関する解説編がやっと手に入りやすくなりました。私の住む群馬でも書店で直接買えることが増えました。もう少し、早めに流通するようにして頂けたらと思いますが、作る方は大変なのでしょうね。

 さて、解説編を読んで、次の事を思いました。

 今回の自立活動の内容については、いくつかの項目で文言や説明の修正が行われたが、新たに加わった項目は健康の保持の(4)のみで、微修正という印象が強く受け取られている様子です。
 しかし、今回の改定では、特別支援学級や通級による指導でも原則は自立活動の内容を教育し、個別の指導計画を作成することになったこと。更には、その作成手順が学習指導要領で明確に示されたことなど、運用面では大きな改革が行われました。それが明記されているのですから、今回の解説編は大改革だと私は思っています。
 詳しくは、特別支援学校学習指導要領の自立活動の解説編を精読する必要がありますが、その概略を大まかに捉えるために、二つの表にまとめてみました。いずれもエクセルをPDFファイルにしたもので、自分の講義用に作ったものですが、たぶん、研修等でも使いやすいと思います。

1. 自立活動の内容

2. 個別の指導計画作成の手順

リンクは、https://mon.psychoreha.org/tsk/kiji3.html

  

ICD-11 自閉スペクトラム症の下位分類

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 22:14

ICD-11の自閉スペクトラム症の下位分類が少し分かりました。言語機能のインペアメントは、一語文か単純な文程度とのことです。そうなると、その程度の言語機能で平均的(IQ70以上)の知能検査結果を得るのはかなり難しいと思いました。詳しくは、リンクをご覧ください。

https://mon.psychoreha.org/DEV/icd11bata-ASDsubcategory.pdf

 

動作法の講習会

  • 2018.06.11 Monday
  • 09:46

長野で動作法の研究大会(講習会)が開かれます

 

 研究会の総会ですが、今回の内容は講演と実技講習で、内容の濃い動作法の研修会です。

 注目されることは、会員外の方も参加できます。

 詳しくは、大会のホームページ http://www.kennetsys.info/11/kantou.html
 そこにも詳しい説明と、申し込みのリンクがあります。

 素晴らしい講師の講演と実技講習があります。

 動作法に興味関心のある方におすすめです。


6/17が申し込み締め切りですので宜しくお願いします。

場面緘黙関連団体連合会について

  • 2018.06.10 Sunday
  • 01:34

 場面緘黙関連団体連合会とは何か

 

 ICD-11で選択性緘黙から「場面緘黙」へ訳語が変わったことがパブリックコメントなどで公表され、その経過で「場面緘黙関連団体連合会」という名称が急に出てきたと思われている様子です。そこで、その解説を致します。

 この団体は日本緘黙研究会、かんもくネット、かんもくの会、かんもくの声など11団体の連合体です。⑴ICD-11の翻訳名を場面緘黙にして欲しい。⑵ICDの中の中分類が組み替えられたが、発達障害者支援法の対象として残して欲しい。という要望を行う目的で結集しました。会長は、日本で一番多くの場面緘黙児者を診ておられる山口県下関市のかねはら小児科医院長の金原洋治先生が引き受けて下さいました。各団体から委員を出し、要望書の内容や補足資料の編集など手分けして行っています。

 緘黙関係の当事者・家族・支援者・研究者の各種団体が、手を組んで運動を行っている団体です。

 7月1日に名古屋で緘黙研修講座「場面緘黙の理解と支援」が開催されますが、そこで連合会から活動報告を短く行わせていただきます。

           場面緘黙関連団体連合会事務局

           お問い合わせは、hisata@mutism.jp 

不安症学会からコメント

  • 2018.06.10 Sunday
  • 00:06

ICD-11新病名草案におけるSelective mutism の訳語に「場面緘黙」が採用されたことについて

 

http://jpsad.jp/information/ICD-11.php

 

 不安症学会から、Selective mutism の訳語に「場面緘黙」が採用されたことについて、学会のホームページで理由と経緯をまとめた情報を発表してくださいました。選択性緘黙という名称だったのが場面緘黙へと変化した経緯を書いてくださりとても有難いです。

 このような理解を示して下さる事は、当事者・家族にとってとても大きな支援になると思いました。

選択性緘黙から場面緘黙へ変更

  • 2018.06.01 Friday
  • 21:55

日本精神神経学会のホームページに6月1日付けで

「ICD-11新病名案に関するパブリックコメント募集」公開

 

https://www.jspn.or.jp/modules/info/index.php?content_id=622

 

 WHOの国際疾病分類第11版が近く全世界へ公表されますが、その日本語訳の病名の案が公開され、一般の方も含めて、意見を募集しています。WHOの分類であるので、日本の法律などで用いられる大事なものです。

 

 これまでは、英語でElective mutism、日本語で「選択性緘黙」とされていて、ご本人が自ら意図的に選択して喋らないというニュアンスで定義されていました。Elective という英語には選挙のように自ら主体的に選ぶというニュアンスがありました。それが、今回改正されて、Slective つまり、場面や状況によって喋られなくなるというニュアンスに定義が変わったのです。Slective への変更は、実はDSM-4から変わっていたのですが、ICDでは今回になって初めて変更されました。

 場面緘黙の子どもや成人は、自分で決めてわざと喋らないのではなくて、場面状況によって、不安や恐怖で声が出なかったり、言葉が浮かばなくなったりして、喋れなくなってしまうのです。それを表すには、「場面緘黙」という用語が比較的良いので、現状では広く用いられ、知られるようになってきました。その用語がやっと正式に使われるようになるのです。

 

 場面緘黙の子どもや成人の当事者、家族、そして教師や医師、その他の関係者の諸々の団体が、ICD-11の改訂へ向けて連合体(場面緘黙関連団体連合会;金原洋治会長)を作って、関係の学会等へ要望書を出すなど運動してきた成果です。

 この分野の専門学会である日本不安症学会の先生方には多大な協力をして頂きました。日本精神神経学会の先生方にも当事者の声にご理解頂き、今日を迎えることが出来ました。

 選択性緘黙という名称で無くなることは、誤解を減らす大きな一歩だと思います。

 

 また、大きな変更が随所にあり、大分類でも変化があります。これまで、選択性緘黙は「F90-F98  小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害」にADHDなどと同じ分類に入っていましたが、今回、その分類は無くなって、それぞれ分かれて分類されたので、場面緘黙は「Anxiety or fear-related disorders 不安または恐怖関連症群」に属するカテゴリーになりました。これも大きな変更点です。成人して、社交不安症などを伴いやすいので、近い病名と同じ大分類に属するようになったわけです。

 

 余談ですが、発達障害関係の診断名も変わってきています。自閉スペクトラム症の下位分類が面白いです。

自立活動解説編 実は大幅改訂

  • 2018.05.19 Saturday
  • 18:26

 自立活動の解説書がもうじき出版される予定ですが、まだ注文できない状態の様です。
 今度の改訂は、内容については26項目が27項目になっただけで、ほとんど同じです。それで、大した変化はないと誤解されている面があります。しかし、解説書は大幅改定で、全く別物と言って良いほどです。どこが大きく変わったか、読めばすぐわかると思います。

 

 今回の学習指導要領の改訂では、個別の支援計画と指導計画を、通常の小中学校でも作成することになりました(これも指導要領改訂の目玉)。小中学校の先生方から、特別支援学校の先生はいろいろ質問されるようになると思います。出版されたら、速攻で注文します。急ぐ方は、文科省のホームページからダウンロードできます。

  

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    hisa (09/18)
  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    安藤順一 (09/14)
  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM