特別支援教育の今後

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 11:47

「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第 4 回)会議資料」 
から論点と検討事項を抜粋した資料を作りました。合計3頁です。 

https://mon.psychoreha.org/tsk/2019arikata.pdf

○ 新しい時代の特別支援教育の目指す方向性・ビジョン  や
○ 特別支援教育を担う教員の専門性の整理と養成の在り方 
などが検討されています。

 

 特別支援学校教諭免許状に必要な科目が、5種類の障害別が多く、それらに共通の部分がまとめられておらず、多神教のようにそれぞれに細切れの授業が行われています。それらを改善し、例えば障害児の心理・生理・病理の共通部分はまとめて前後期で計4単位取らせるとか、「インクルーシブ教育−通常の学級内での支援−」や「教育法規・制度−障害者権利条約、憲法、教育法規、法令、教育制度−」そして「自立活動」の授業を設けて必修にするなど、大幅な改善を検討して頂きたいですね。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    hisa (09/18)
  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    安藤順一 (09/14)
  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM