自立活動に関する連続講座

  • 2018.10.05 Friday
  • 21:21

JUGEMテーマ:学問・学校

 

郡馬ニーズ教育研究会では「自立活動の考え方と個別の指導計画の立て方」というテーマで連続講座を開催することにしました。(詳しくは下記の案内をご覧ください)
10月から3月の各月1回土曜日の14時から16時という下記の日程です。
自立活動について、下記の自立活動モデルとICFの図式を用いて、自立活動に関する個別の指導計画を立案する手順を検討し、参加者の事例について実際に立案する実習を行います。
第1回は、自立活動モデルからみた「自立活動の捉え方」という講義と、スケジュールの説明です。

 

 


<ご案内>
自立活動の解説編が出版されました。
良く読むと、かなり良い改定と思いますが、読み取るのが難しいことは否めません。
新学習指導要領の自立活動をどう理解し、どう教育実践に適用するか、月1回、全6回の講座で、参加者と協議しながら学ぶ場を設けます。
第1回は10月20日土曜日です。午後2時から4時。
前橋市岩神町三丁目1-1  総合教育プラザ4階 談話室
第1回テーマ 自立活動の捉え方 群馬医療福祉大学 久田信行

 

図 自立活動モデル

 

 主な対象は前橋市の特別支援学校や特別支援学級の先生ですが、他市、他県からのご参加も可能と考えております。少人数で行う予定ですので、ご希望の方が多い場合、申し訳ありませんが、お断りすることがあるかもしれません。
 

募集要項
・募集人員 10名程度
・申し込み宛先 hisata-n@amail.plala.or.jp
・メールの題目「活動連続講座申し込み」
・本文に、ご氏名、返信用メールアドレス、ご所属、ご担当等をお書きください。・参加費 資料代1回200円 (6回で1000円)
・応募締め切り 10月10日(お返事は10月14日)
・日程 2018年10月20日、11月17日、12月15日
2019年1月26日、2月16日、3月9日の6回
------------------------------------------------------
申し込み内容
ご氏名
ご所属
ご担当※

返信用メールアドレス
※ ご担当は、小学部2年、自閉・情緒学級担任など 
 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    hisa (09/18)
  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    安藤順一 (09/14)
  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM