不安症学会からコメント

  • 2018.06.10 Sunday
  • 00:06

ICD-11新病名草案におけるSelective mutism の訳語に「場面緘黙」が採用されたことについて

 

http://jpsad.jp/information/ICD-11.php

 

 不安症学会から、Selective mutism の訳語に「場面緘黙」が採用されたことについて、学会のホームページで理由と経緯をまとめた情報を発表してくださいました。選択性緘黙という名称だったのが場面緘黙へと変化した経緯を書いてくださりとても有難いです。

 このような理解を示して下さる事は、当事者・家族にとってとても大きな支援になると思いました。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    hisa (09/18)
  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    安藤順一 (09/14)
  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM