新しい国際疾病分類(ICD-11)で自閉症はどうなるの?

  • 2018.03.24 Saturday
  • 01:59

  論理的な分類を試みています
 2018年に国際疾病分類は改定されます。それが近く公表されると思います。WHOのホームページにICD-11βが公開されています。そこから、新しい自閉症の分類を探ります。
 アメリカ精神医学会のDSM-5と同じで、全体の名前は「自閉スペクトラム症」という名前になります。同じく アスペルガー症候群<障害>という名前はなくなりました。
 
しかし下位分類は異なります。ICDでは、知的障害(有・無)×言語機能(3段階)で6つの下位分類を設けています。新機軸です。しかし、インペアメントと無言語(absence)の違いなど、解説の論文がでるまで、私にはよくわかりません。

 そんな表を作って、私のホームページにアップしました。良かったらご覧ください。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    hisa (09/18)
  • 発達障害者支援法から場面緘黙や吃音が外される?
    安藤順一 (09/14)
  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM