発達障害者支援法と新しいWHO国際疾病分類(ICD-11)の対応表

  • 2018.03.03 Saturday
  • 08:32

 発達障害者支援法と新しいWHO国際疾病分類(ICD-11)の対応表を試作しました。先日、ICD-11になると発達障害者支援法の対象の規定が改定されるだろうという記事を書きましたが、場面緘黙だけでなく、いろいろな障害が影響を受ける可能性があります。

 私のホームページに載せました。   https://mon.psychoreha.org/DEV/icd11toaspdd.pdf

 

 ICD-11の「6 精神障害、行動障害と神経発達障害」のカテゴリーに興味のある方、発達障害者支援法に関心のある方、良かったらご覧ください。出来れば、ご意見やご助言を頂けますと幸いです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM