特別支援学校教諭免許状 全員保有への通知 旧聞ですが・・・

  • 2017.06.11 Sunday
  • 15:17

JUGEMテーマ:学問・学校

 2020年までに免許の保有率を100%にするという目標を文科省が掲げているのは新聞などで見ていましたが、学芸大のサイトに平成26年3月に出された通知があるのを知りました。

 今頃何なのと言われそうですが、私みたいに正確には知らなかった人もいるのでは無いかと、引用することにしました。

 特別支援学校の先生方だけでなく、ひろく免許の取得を進めるようにと書いてあることに驚きました。認定講習が増える訳です。

 

 

                                                                  25初特支第32号
                                                                 平成26年3月31日
各都道府県教育委員会特別支援教育主管課長
各都道府県教育委員会人事主管課長
特別支援学校を置く各指定都市教育委員会特別支援教育主管課長
殿特別支援学校を置く各指定都市教育委員会人事主管課長
附属特別支援学校を置く各国立大学法人学長
各私立特別支援学校事務担当課長

                                        文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長
                                                                    大 山 真 未
                                                                  
                                 文部科学省初等中等教育局教職員課長
                                                                     口  努
                                                                  
                 平成25年度特別支援学校教員の特別支援学校教諭等
                    免許状保有状況等調査の結果について(送付)

 

 平成26年1月9日付25初特支第20号で依頼しました標記の調査について、調査
結果が取りまとまりましたので、別添のとおり送付します。
 貴機関におかれては、以下の事項に御留意しつつ、特別支援学校教諭等免許状保有者
の特別支援学校への採用・配置、同免許状を保有しない特別支援学校教員に対する免許
法認定講習の受講促進など、計画的な同免許状保有率向上の取組を進め、特別支援学校
教員の専門性向上に引き続き努められますようお願いいたします。
 なお、本調査結果については、特別支援学校教諭免許状の認定課程を有する大学等に
も送付していることを申し添えます。

 

                                      記

 

1.採用、配置、研修(免許法認定講習等)を通じた特別支援学校教諭等免許状保有率
向上を中期計画などに位置付け、計画的な保有率の向上に努めていただきたいこと。
その際、特別支援学校教諭等免許状の認定課程を有する大学等と連携しながら取組
を進めるよう努めていただきたいこと。

 

2.特別支援学校の教員の採用や配置に当たっては、特別支援学校教諭等免許状の保有
を前提とするよう努めていただきたいこと。同免許状を保有せずに特別支援学校に勤
務することとなった教員には、可能な限り早期に保有させるなどの方針を教育委員会
等が明確に示し、必要な環境整備や免許法認定講習等が最優先で受けられるような配
慮をお願いしたいこと。
  受講に当たっては、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所における長期研修、
近隣の大学や教育委員会における免許法認定講習、放送大学などの通信制大学等の活
用も含め、受講機会の拡大に努めていただきたいこと。

 

3.免許法認定講習と免許状更新講習は、互いに認定を受けることができるため、教育
委員会の実施する認定講習については免許状更新講習としても申請し、特別支援学校
教諭等免許状の取得に向けた効率的な受講に配慮いただきたいこと。(別紙2参照)

 

4.特別支援学校教員の特別支援学校教諭等免許状の保有を促進するとともに、各種研
修の受講機会の拡大等により専門性の向上に努めていただきたいこと。

 

5.小・中学校の特別支援学級や通級による指導を担当する教員についても、特別支援
教育の専門性の向上に資する各種研修の受講機会の拡大や特別支援学校教諭等免許状
の取得の奨励に努めていただきたいこと。

 

6.特別支援学校への勤務が考えられる小・中・高等学校等の教員についても、特別支
援学校教諭等免許状を保有することが特別支援学校教員の特別支援学校教諭等免許状
保有率向上に資することから、免許法認定講習等の受講に努めていただきたいこと。

 

7.発達障害の可能性のある児童生徒の多くが通常の学級に在籍している小・中・高等
学校等の教員についても、特別支援学校教諭免許状取得のための科目(例えば、特別支
援教育の基礎理論に関する科目(第1欄)や重複障害・LD等教育に関する科目(第3欄)
など)を受講することは有効な研修の機会となること。

 

8.今回、特別支援学校教諭等免許状保有率向上に積極的に取り組んでいる教育委員会
に提供いただいた具体的な取組事例を紹介しているので、参考にしていただきたいこ
と。(別紙3参照)

                            【本件連絡先】
                            文部科学省初等中等教育局
                        特別支援教育課指導係(堀江、小坂)
                           <以下連絡先>

 

詳しくは、学芸大の資料の5,6ページです。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM