障害者の権利に関する条約 第1回日本政府報告 抜粋 (正文は英語)2016年6月

  • 2017.01.05 Thursday
  • 01:00

  障害者の権利条約について、日本政府が取り組みの状況を国連へ報告することになっていますが、その第一回の報告が2016年6月に提出されました。政府仮訳や正文(英語)は外務省のHPからダウンロード出来ます。

 小生のHPの資料集に第8条と第24条の部分だけ抜粋した資料を掲載しました。

 

 この文書の24条教育に関する記述で「合理的配慮」はただ一か所のみ。他は、それぞれに支援とか援助と書かれている点も 注目されます。

 「インクルーシブ教育システム」という言葉は全く使われていません。

 私的には、第8条関係で教育のことが書かれていない点が恥ずかしいところです。

 

 権利条約により教育の何が変わったのかを国連に報告している文書です。インクルーシブ教育や特別支援教育について、実態と比較して考えると、今後を考える上で参考になると思いました。

 

 なお、1〜4ページの p15 などは、元の資料のページ数。段落の前の番号は、元の資料に付いていた「段落番号」です。

 

 5ページからの資料は障害者基本法に定められている障害者基本計画のモニタリングで、「第3次障害者基本計画の実施期 間の中間年」なので、障害者政策委員会で作製した報告書の抜粋です。そのあとに権利条約24条に関する部分の英文も載せています。

 つまり、主に1〜4ページの報告をお読み頂ければ概略は捉えられると思います。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM