重度重複障害児のキャリア教育??

  • 2016.05.06 Friday
  • 20:34
JUGEMテーマ:学問・学校
 教育課程部会 特別支援教育部会(第7回) 配付資料 (http://melmaga.mext.go.jp/c/lnq00zl006C1)が公表された。
 ちょっと読んだだけであるが、少し違和感があったので、書いてみる。

 高等学校の通級は有名だが、自立活動についても検討されている。
 資料2 特別支援学校の教育課程に関する検討課題例
(2) これからの時代に求められる資質能力を踏まえた、障害のある幼児児童生徒一人一人の進路に応じたキャリア教育の充実。
○ 重度・重複障害のある児童生徒へのキャリア教育を教育課程との関連の中でどのように充実していくか。
という課題が掲げられている。

 今日は、その点を中心に一言。

資料3−2 キャリア教育の改善・充実の方向性(検討素案)  をみると、問題点はうまく整理されているような感じもするが、分析的な視点と統合的(総合的)な視点の整理がついていない印象であった。自立活動やキャリア教育は、ややもすると分析に流れて行きがちな教育内容の整理を、総合的・統合的視点で繋いでいくのだと思う。その点で共通性が多いので、自立活動とキャリア教育の両方を並立させようとすると却って混乱する恐れがある。個人的には、自立活動だけで統合していく方が整理しやすい様に思えるが、如何(いかが)。

資料5)一木薫先生のhttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/063/siryo/__icsFiles/afieldfile/2016/05/06/1370116_5.pdf
「『重複障害者等に関する教育課程の取扱い』の適用により実施されている教育内容の現状と課題」では教科の連続性と自立活動が検討されており面白そう。ちなみに、この論考ではキャリア教育を混在させないで議論している。

 自立活動の検討抜きに、「障害特性」などの用語が跋扈している現状を、これらの議論で整理して行くことを期待している。

 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM