合理的配慮と差別

  • 2015.06.23 Tuesday
  • 05:57
 先日、福祉関係の会議に参加し、合理的配慮をしないと差別になるという話題になりました。会議に参加されている委員の皆さんですので、差別解消法のことを聞いたことはある方々でした。しかし、正直、どう対処したら良いか分からないという方が大多数でした。
 また、対処方針が閣議決定していることを知っている方はおられませんでした。
 平成28年度から施行なのに、国や県は大急ぎで、福祉や教育の関係者に、どうしなければならないか・・・・知らせてほしいものです。
 と同時に、法律は国民が等しく守らなければならない事ですので、私自身、もう少し勉強して、せめて差別解消法のレベルまで、差別について考えなければと再認識しました。
 このブログで「合理的配慮をしないと差別」の記事を是非お読み下さい。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM