しきしまミーティング 公開討論会

  • 2011.02.25 Friday
  • 12:22
JUGEMテーマ:学問・学校

2011特別支援教育 しきしまミーティング 公開討論会

3月5日の泊まり込みのしきしまミーティングは2月25日締め切りました。

 20世紀は、分子や素粒子のレベルまで、ものごとを徹底的に分析することが、問題を探求するための主流の考え方でした。今でも分析は大切ですが、総合の大切さが多く語られるようになりました。複雑な問題は多面的・多次元的視野から問題を検討しないと解決できない、という認識が広がっています。そのような中で、WHOは国際生活機能分類(ICF)を2001年に作り、生活機能という観点から、障害や健康問題を捉えようとしています。

 今回は、ICFの生活についての考え方を講演で話題提供し、その後、生活をめぐって公開討論会を開催いたします。ICFを通じた『生活』の見方や、ICFで分かりにくい潜在能力について、新しい発見があると思います。
 障害関係者だけでなく、生活や健康に関心をお持ちの方にも議論にご参加いただき、生活や障害等々について討論ができればと存じます。

コーディネーター:饗庭敏彦氏(桐生市立養護学校長)


講師:久田信行氏(群馬大学教育学部障害児教育講座教授)

テーマ「ICF(WHOの国際生活機能分類)の基本
         ―生活機能アプローチと障害―」

 

指定討論者 

 〇或肱駄藥瓠柄斡胸垉帖Ε吋▲泪諭璽献磧次κ欷郤圈

 仲丸守彦氏(利根沼田障害者支援センター所長・
                 NPO法人理事長)

日 程:平成23年3月6日(日) 9:30〜12:20(受付9:00〜)


          9:00〜      受 付   


      9:30〜10:50 講 演


    11:00〜12:20 指定討論と意見交換


主 催:群馬ニーズ教育研究会


場 所:群馬大学荒牧キャンパス(前橋市荒牧町4-2
   大学会館2階 ミューズホール(大学生協の2階)
               http://www.gunma-u.ac.jp/html/campusmap_0.html        


費 用:300円(資料代) ※当日、受付でお支払い下さい。


申込み:不要(直接会場へお越しください)


問い合わせ(事務局):小野圭三(県立二葉養護学校)


      メール:(xxx@xxxxxx.xx.xx)


     ※定員を超えた場合、お断りさせていただくことがあります。


定 員:200名

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

ポチッ?

カチッ

ポン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 代理投票など障害のある方の投票
    hisa (06/29)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/14)
  • バレンタインデー15時に肉まんで乾杯プロジェクト
    hisa (02/11)
  • クスマウル失語=場面緘黙 研究の歴史断片
    hisa (10/08)
  • 「日本版WISC-III知能検査」の信頼性係数の誤り
    hisa (05/26)
  • 障害者の権利を考える 障害福祉講演会を開催
    kogure (02/10)
  • ICFの基本的概念
    hisa (07/12)
  • 2009/4/15の研究会
    松本幸喜 (04/18)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM